互換性のあるプリンターインクを買いました。

純正のプリンターインクじゃないとインクが詰まってプリンターそのものが壊れますよ~なんて言われてますが、正直壊れたことなんかありません。

本当に壊れるんですかね?よくわからないけどあまり使わないような人だと純正インクでも詰まると思います。互換性のあるインクが原因じゃないような気がするけどね。

とにかくメッチャ安いので純正インクなんて買ってられないなと思って今回は互換性のあるインクを購入。

だってさ、純正だと3800円するのに互換性のあるインクだと600円ですよ?なにこの値段の差は(; ・`д・´)

プリンターで印刷する紙が多い時は純正使ってたらもったいないです。特に黒のみの印刷ならばすぐになくなりますからね。

なんであんなにインクが高いんだろうね。プリンターなんて6000円くらいで新品が買えますよね?まったく意味が分からないですよね。

この仕組み何とかしてほしいですよね。純正インク使っている人は純正使わないとプリンターが壊れると思っている人がいるけど、そんなことなったことないですけどね。

これも運なのかなぁ